ウレタン
ウレタンフォームとは

ウレタンフォームとは、ポリウレタン樹脂を 主成分とし、発泡させたものを言います。
ウレタンフォームは、クッション性、耐久性に優れた「軟質ウレタンフォーム」と、断熱性に優れた「硬質ウレ タンフォーム」の2つに分類されます。
ウレタンフォームは、寝具や椅子などのクッション材、断熱材、防水材、シーリング材、床材、塗料など、様々なところに幅広く用いられています。

○軟質ウレタンフォームとは

ウレタンフォームは、ポリオールとポリイソシアネートを主成分として、発泡剤、整泡剤、触媒、着色剤などを混合し樹脂化させながら発泡させたもので、気泡が連通し柔らかくて復元性のあるものを「軟質ウレタンフォーム」と言います。

ウレタンフォームには、主に断熱材に使用される独立気泡で硬くて復元性が無い「硬質ウレタンフォーム」と中間的な性状で、主に衝撃吸収材用に向けられる「半硬質ウレタンフォーム」があります。

○硬質ウレタンフォームとは

硬質ウレタンフォームとはNCO(イソシアネート)基を2個以上有するポリイソシアネートと OH(ヒドロキシル)基を2個以上有するポリオールを、触媒(アミン化合物等)、発泡剤(水、フルオロカーボン等)、整泡剤(シリコーンオイル)などと一 緒に混合して、泡化反応と樹脂化反応を同時に行わせて得られる、均一なプラスチック発泡体です。
更新ウレタンフォームは、小さな泡の集合体で、この小さな硬い泡は、一つ一つが独立した気泡になっていて、この気泡の中に熱を伝えにくいガスが封じ込められています。このために、硬質ウレタンフォームは、優れた断熱性能を維持できます。

○ウレタンフォームの特徴

優れた耐久性

耐久性に優れています。

優れたクッション性

クッションのように跳ね返りが優れています。

優れた衝撃吸収性

衝撃を吸収する力に優れています。

優れた断熱性

熱を遮断することに優れています。

優れた耐熱性

熱に耐える力が優れています。

優れた耐薬品性

様々な薬品に対して耐えます。

優れた防振性・吸音性

音を吸収し騒音を防ぎます。

優れた着色性

着色の自由度が優れています。

ウレタンフォームの用途

○軟質ウレタンフォームの用途

分類 用途
二輪 エアフィルタ、サドル、オイルフィルタ、ヘルメット内張り、ライダークッションなど
車輪四輪 座席クッション、ドアトリム、センタピラガーニッシュ等緩衝材、床天井等吸音・制振材など
機器 空調用フィルタ、気密シール・液蜜シール材・防音フローリング材など
寝具 掛け・敷き布団、まくら、マットレス、ベッドパッドなど
家具 座イス、ソファー、椅子、置きクッションなど
インテリア カーペット、各種クッション、座布団、コタツ敷、掛け布団など
包装 食品・果物梱包材、鮮魚トレー敷き、機密機器敷きなど
衣料品 防寒材ライナー、ブラジャー等のパットなど
日用雑貨 ボディーソープ、キッチンクリーナー、靴磨きクリーナー、スリッパ芯、ぬいぐるみの詰め物、化粧用パフなど
その他 マネキンボディー、フェンス衝撃吸収壁、車椅子用クッション、遊具ボール、水耕栽培用資材など

○硬質ウレタンフォームの用途

分類 用途
車両 タンクローリーの断熱、トラック断熱、鉄道コンテナー、保冷車、冷凍車など
船舶 漁船、冷凍貨物船、漁船、大型船舶、コンテナーの断熱、ブイ・浮き類の浮力材など
断熱機器 冷凍・冷蔵車の断熱、エアコン断熱部材、ショーケース、自動販売機、貯湯槽・温水器の断熱材など
土木 道路床断熱、振動防水材など
建築 畜舎・農業倉庫の断熱、ボイド充鎮(断熱サッシ)、地域集中冷暖房断熱など
家具・インテリア 娯楽用具(クーラーボックス、水筒)、教材(立体地図など)、サーフィンなどの芯材、梱包材など
EVA・PE
加工の種類
  • 裁断・打ち抜き加工

    手動裁断・自動送り裁断・大型裁断など幅広い種類が可能。

  • カット加工

    大型ノコ板でのカット。

  • スライス加工

    原材料をスライスして必要な厚みに加工。テーパーや異形にスライス可能。

  • スリット(幅切り)加工

    指定寸法への幅切り

  • 貼り合わせ加工

    ロールコーターにより接着剤の塗布し、乾燥釜で乾燥後に貼りあわせ。

  • プレス加工(圧着)

    貼り合せた品物を圧着するためにプレス機にてプレス。

  • 仕上げ・バフ加工

    自動機を使用し、仕上げ・バフ加工。

  • 冷却プレス加工

    加熱・冷却によるプレス成型加工。

  • 特殊加工

    特殊な加工方法。

  • 溝堀加工

    指定サイズでの溝堀が可能。ストレートの溝だけでなく、楕円なども可能。

  • 旋盤加工

    旋盤に形状ならい装置が付いているのでダンベル形なども可能。

  • 丸棒加工

    旋盤を使わずに行う丸棒加工。センター穴などもなく加工できる。

主な設備
  • 機械・設備開発・修繕所

    機械・設備開発・修繕所

  • 仕上げ自動バフ機

    仕上げ自動バフ機

  • 旋盤

    旋盤

  • 油圧プレス

    油圧プレス

  • 油圧裁断プレス

    油圧裁断プレス

  • 油圧裁断プレス小

    油圧裁断プレス小

  • 冷却成型プレス

    冷却成型プレス

PAGETOP